お茶ごよみ~文月の候~大阪茶会 お話し会

7月19日 大阪茶会 お話し会決定!! やまとのこころを語る会「お茶ごよみ~文月の候~」 【内容】 ”やまとのこころ四方山ばなし”と題し、 毎回、日本の文化や伝統について、 やまと舞舞主やまとふみこと 皆様とで語る場を設けさせていただきます。 今回は、 七夕、五節句、季節のお話し、神社お詣り、こころえなど。 一方的なお話だけでなく、皆様のお言葉も頂戴しながら 和やかに和のこころを感じるひとときに。 ぜひ足をお運びください。 【日時】 2018年7月19日(木) 14時~ 19時~ ◇計2回 各90分程度 【場所】 CAFE大阪茶会 (大阪市北区天神橋2-1-25) https://www.osakachakai.jp/ 【料金】 各回 3,000円(お茶・お菓子代含む) ※おひとり様、何回でもご参加いただけます。 【申込み方法】 こちらのFacebookイベントページで参加表明してください。 ※参加される方は上記日時より参加する時間帯をコメント欄にご記入ください。 ※グループ・お誘いあわせで参加される方は人数をご記入ください。

イベントページ

https://www.facebook.com/events/562991937431294/

下記、参加申し込みフォームにて、人数や時間帯をお知らせいただくこともできます。 ■参加申し込みフォーム https://goo.gl/forms/0J57X03T9I18VYVq2 【語り手紹介】 やまとふみこ(やまと舞 舞主/やまとのこころ代表) 九歳より歌舞伎舞踊・古典舞踊の本流である尾上流初代尾上菊之丞師の下で研鑽を積み師亡き後、独立。 以来、東京国立大劇場・大阪歌舞伎座・和歌山文化会館大ホールでのリサイタルに加え海外公演も多数開催。 故郷和歌山にゆかりのある“京鹿子娘道成寺”に度々取り組み、人間国宝 中村雀右衛門丈に指導を仰ぐ。 その後、全国一ノ宮百八ヶ所で舞行脚をし四年間で踏破、舞の原点を探る。 現在も全国の神社で舞奉納を継続。国内外で日本の文化、やまと心の伝承を努める。


記事一覧
アーカイブ